ハンドドリップでの淹れ方

 

ハンドドリップでは気軽に雑味のないおいしいコーヒーが作れます。

ぜひお試しを。

 

 

ペーパーフィルターを用紙、線に沿っております。

 

 

ハンドドリップにセットします。

 

 

お豆を挽きましょう。

ハンドドリップには中挽きで。

 

 

グラニュー糖よりやや大きめの

ザラメ糖より小さめの大きさに。

 

お湯を注ぎます。

ぶくぶくの熱湯より

火から下ろし泡が無くなった

ぐらいの温度の方がいいです。

 

お湯を注ぎます。

最初はコーヒー粉全体が

しっとり湿るぐらいの量を。

 

粉がムクムクと膨れます。

これはコーヒー豆の鮮度がいい証拠!

コーヒーに含まれているガスが

発生しています。

お豆の状態で購入して自宅で挽いても膨れない場合は

そのお豆は新鮮でないことが多いです。

※全部が全部そういう訳ではありません。

 

 

この状態で30秒〜1分。お湯を足す事なく

待ちます。コーヒー粉を蒸すことによって粉の中に

閉じ込められているアロマカプセルを開かせるためです。

 

蒸らした後は少しづつ(3秒ぐらい)お湯を粉の中心に加えます。

 

 

お湯の量は注ぎ口からまっすぐに垂れるぐらいが適量です。

お湯が完全に落ち切る前にまた足します。

これを数回繰り返します。

 

数回繰り返したのち、”の”の字を描く様に

クルクルとお湯をいれていきます。

この時もお湯は粉の中心付近で。

端の方に縁のようになった部分に

お湯をかけて中へ中へ持って行きたくなる衝動にかられますが

それは無用です。あくまで中心に。

 

最後に注いだお湯は

最後までおとし切らずこの状態で横に置きます。

雑味が入らないようにするためです。

 

 

おとしたコーヒーは下の層と上の層でうまみがちがっているので

数回かき混ぜます。

 

 

出来上がりです。

 

一杯づつ丁寧にいれた

コーヒーはとてもおいしいですよ。